スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都議定書は地球を救うか?

地球温暖化を防ぐ目的で、地球規模の国と地域が締結した約束があります。
それが『京都議定書』です。

京都議定書の方針や目的は立派であります。

が、本当に地球温暖化を抑制できるのか?
とささやかながら、疑問に思ったことはないでしょうか?^^;)

私なりに調べました。。。

結論は現状の京都議定書の内容では不十分もしくは意味がないものと個人的には判断しています。

地球温暖化事態は科学的見地からの賛否は様々ですが、ここでは地球温暖化が人工的なものと仮定して、回答します。

まず、京都議定書の内容は1990年の各国の二酸化炭素の排出量へ戻すことであり、日本でもたったの6%の排出量の削減でしかないためです。

地球温暖化を人類が原因とする科学者の意見でも、1990年の二酸化炭素排出量を基準にして、最低限50%は削減しないと、二酸化炭素排出量(その他の温室効果ガスも含む)を抑制して、温室効果(気温の上昇)を止めることが出来ないと言っています。

ちなみに2008年の日本は、1990年の排出量に比較して、削減どころか、増えているそうな・・・愕然

京都議定書が、地球温暖化自体には即効性はないといえます。

意味がないわけではないですヨ。
エコな生活や、環境を意識した経済活動が必要であると、精神的な面で、人類に広くPRできていると思います。


スポンサーサイト

theme : ロハス&エコロジーライフ
genre : ライフ

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

kinoX

Author:kinoX
kinoXです。
自己紹介はおいおい書いていきます^^

甘いものが大好きなのと、サッカーが好きです。

そして、出来るだけエコロジーな生活を心掛けたいです。

リンク
最新記事
スポンサード
カテゴリ
スポンサードリンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
緑goo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。