スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いらなくなったブックカバー

今日は、ゴミのお話です。

本屋さんで、単行本や書籍を買います。
その時にブックカバーをつけてもらいますよね?

ブックカバーをつける理由は、多分、次の理由が多い!?

電車とか、外で読むときに何を読んでいるか見られたくないとか。
(ちょっと恥ずかしいという心理)

本そのものを汚したくないからとか。
(自分の手の油や、紙の角っこを曲げたくないとか)

実は、俺もそうです。
近頃は、Myブックカバーを持ち歩いてのるので、あまり本屋さんで、ブックカバーはもらわない。

でも、大きなサイズの本になると、Myブックカバーでは、カバーリングできないので、仕方なく本屋さんのブックカバーをつけてもらう時があります。

問題は、そのブックカバーがいらなくなった時!

あなたはどれですか?

1.燃やすごみに出す

2.紙ごみとして、リサイクル

3.大事にとって、つぎの本へリユース(使いまわす)

4.その他の方法


ちなみに俺は、最近まで、2でした。

が、今は 4.ブックカバーをもらわずに、本だけを買っています。(笑)

ちょっとだけ、地球温暖化防止へのエコに前進!

もし、4.を選んだあなた。いい方法があれば、ぜひコメントで教えて下さい。
スポンサーサイト

theme : ロハス&エコロジーライフ
genre : ライフ

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

kinoX

Author:kinoX
kinoXです。
自己紹介はおいおい書いていきます^^

甘いものが大好きなのと、サッカーが好きです。

そして、出来るだけエコロジーな生活を心掛けたいです。

リンク
最新記事
スポンサード
カテゴリ
スポンサードリンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
緑goo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。